商品を仕入れるときに特商法の表記を確かめる目的

ネット上の取引は注意が必要

最近ではインターネットを使った商取引が中心になり、お互いの顔が見えないため不正行為をされやすいです。

しかし、消費者トラブルを防ぐために特定商取引法に基づく表記を明記する必要があり、お互いに信用できる状況にすると安心できます。
せどりや転売ビジネスは商品を仕入れて買い手を探して売ることで差額で利益を出せ、積み重ねて利益を確保するシステムです。

最近では訪問販売や電話勧誘などで詐欺を行うケースがあり、高齢者を中心に被害が増えています。
また、インターネット上の取引では対面ではなく不正行為のリスクがあり、名前(屋号)や所在地、連絡先がきちんと明記されトラブルが起きてもすぐに対応してもらえるか確かめることが大事です。
インターネットはパソコンやスマホからアクセスできて便利ですが、詐欺のリスクが高いことを認識する必要があります。

お互いに不正行為をしないようにしよう

特商法はお互いに不正行為をしないようにガイドラインを定め、トラブルが起きずに安心して取引をしやすくしています。
不正行為は誇大広告を出して商品を購入させて相手をだます行為で、その場しのぎにならないよう責任を持って対処することが大事です。

また、返品や交換などに期日や条件を設けることで不正行為をしにくくし、信用できる状況を作るようにするとやりがいがあります。

特定商取引法に基づく表記はお互いに不正行為をしないことを約束し、せどりや転売ビジネスをするためには必要不可欠です。仕入先を選ぶときは価格が安くても不正行為があれば損をすることになり、事前に信用できるか確かめて決める必要があります。

利用者のニーズに応えるようにする

せどりや転売ビジネスをするときは商品の選び方が重要で、利用者のニーズに応えるようにするとリピーターを確保できます。
ニーズに応えるためにはメールやSNSで情報のやり取りをスムーズに行い、満足してもらえるようにサービスを提供することが大事です。

通販サイトはわざわざ店に行かずに商品の仕入れができて便利で、海外になるとまとめて注文すると1個あたりの単価が安くなります。
しかし、偽物や不良品があれば転売ができなくなり、きちんと返品や交換をしてもらえるか確かめることが重要です。

利用者のニーズは最新のトレンドを知ると分析でき、満足してもらえるように仕入れる商品を探すとチャンスを増やせます。
また、仕入先を選ぶときは特定商取引法に基づく表記があることを確かめ、トラブルが起きないように事前に確かめることが大事です。

未分類

Posted by admin